コストが高い!

  太陽光発電のメリットは、電力会社から電気を買う必要がなくなる、あるいは、今まで購入していた電気量より、ずっと少ない量の電気を買うだけで済むので、電力会社に支払う電気代が0円になる、あるいは、格段に安くなる、ということです。
また、太陽光発電で発電されたエネルギーを、自宅ですべて使い切ることができなければ、余った電力を電力会社に売ることができるので、太陽光エネルギーの売り上げ代金が、ちょっとした収入になる、ということも、メリットのひとつです。

 こういうことを知ると、太陽光発電は、光熱費の出費がずいぶん抑えられ、なおかつ、家計の足しになるような収入まで発生すると、喜んでしまいます。
実際に、景気の悪い現代、少しでも出費が抑えられて、働いているわけでもないのに少しでも収入が増えるというのは、うれしいことです。

太陽光パネル

 しかし、太陽光発電を導入するには、太陽光発電パネルなどの設備を設置しなければなりません。
しかも、その費用が、非常に高いのです。
導入費用の高さは、太陽光発電が世間に広まり始めた当初からの、大きな問題点でした。
そして、現在でも、その費用の高さを、第一の問題点に掲げる方々が、圧倒的に多いのです。

 太陽光発電の設備を販売する会社というのは、全国にたくさんあります。
中には、太陽光発電設備を設置するには、初期費用は一切必要ありません、などというキャッチコピーで、販売している会社もあるようですが、初期費用というのは、なんのことでしょうか。

 少なくても、太陽光発電を自宅に導入したいなら、太陽光パネルの購入と設置工事、太陽光パネルで発電した電気を家で使えるようにするための電気工事、太陽光発電であまった電力を電力会社に売るための電力会社対応工事、などなどが、必要になります。
これは、初期投資以外の何ものでもありません。
そして、その初期投資に、百数十万円や、二百万円以上もかかってしまうのです。
太陽光パネルを何枚設置するのかによって、もちろん初期費用は違いますし、太陽光パネルのメーカー、販売店によっても値段は違います。

 これでは、太陽光発電導入後に電気代が0円になっても、電気を売ることができても、おトク感はなくなります。
この点が、コストの問題点なのです。