寿命がある!

 太陽光発電を導入する場合というのは、大体2つのケースがあります。
ひとつは、自宅を新築するので、新築にあわせて屋根の上に太陽光発電を導入するというケースです。
もうひとつは、すでに持ち家を持っていて、今まで電力会社の電気のみを使っていたけれども、太陽光発電をあらたに導入するというケースです。

 家を新築する場合、土地を買って家を建てるというとき、皆さんは、どういうことを考えるでしょうか?
おそらく、一生この家に住む、と考えるでしょう。
もっと言えば、自分は一生この家にすみ続け、おそらく子供たちも、この家に住み続ける、と考える人も少なくないと思います。
なぜなら、住宅ローンは、30年や35年ローンなど、自分の世代だけでは支払いが終わらない場合もあり、二世帯住宅を考えているということもあるからです。

太陽光発電

 要するに、住宅の寿命は、30年や35年以上と考えるはずです。
きっと、40年や50年、この家に住むのだと考えて新築する方も少なくないでしょう。
住宅であれば、それだけ長年使い続けることが可能なのです。

 しかし、太陽光発電には、実は、寿命というものがあります。
寿命が何年くらいと、はっきり明記されていればいいのですが、今のところ、寿命ははっきりとはしていません。
一般的に言われているのは、20年、あるいは30年などです。
寿命は30年以上だという説明も中にはあります。
しかし、もし寿命が20年、30年だとしたら、新築と同時に多額の設置費用をかけて太陽光発電を導入しても、住宅よりずっと早く、寿命が来てしまうのです。

 中には、太陽光電池の寿命は、半永久的といわれることもあります。
しかし、長年設置しておくと、汚れなどにより、発電量が低下するということがあります。
また、仮に、太陽光電池の寿命が仮に半永久的としても、インバーターなどの寿命は、10年以下とも言われています。

 インバーターは、太陽光発電の設備の中では、最も寿命が早い部分です。
また、パワーコンディショナーは、どのメーカーでも寿命は10年程度と言われています。
これは、パワーコンディショナーの中の各部品が、大体10年程度の寿命の物を使っているからです。
太陽光発電のシステムには寿命があるということを、忘れないでおきましょう。