気をつけて!欠陥工事

 脱原発などエネルギー問題を抱える日本にとっても、地方の補助金制度などがあり、また、地球温暖化対策としても、太陽光発電は、エコにもつながる、とてもいい方法だというイメージがあると思います。
確かに、以前に比べれば、太陽光発電は、非常に急速に普及している言えます。
そして、今後も、普及していくはずです。
しかし、ここ数年、急速な太陽光発電の普及に伴い、販売業者は倍以上に増えました。
消費者からすれば、いい業者、安い業者を選べるということですが、その判断はなかなか難しいものです。

悪徳業者

 中には、悪徳業者や詐欺業者もあるということは、すでにお話しましたが、
このような本当に悪徳な業者でなくても、この数年で太陽光発電システムの価格競争が激しくなり、太陽光発電を設置する費用が随分安くなったことに伴って、欠陥工事も増えている現状もあります。
この問題点は、問題が起こってからでは、対処が非常に難しくなってしまいますので、
欠陥工事については、事前に良く知っておく必要があります。

 なぜ、欠陥工事が増えてきたかというと、太陽光発電システムの価格が、激しい競争により安くなったことが、原因なのです。
安くなった内容を細かく調べてみると、実は、設備そのものの値段が安くなったのではなくて、設計工事費が大幅に安くなっているのです。
工事費が安くなっていくに伴って、人工の不足や、手抜き工事、部材などへかかる経費を省いたりといった問題により、結果的に欠陥工事に陥るケースが増えているのです。
ですから、見積もりの際には、いくつかの業者にお願いして、その詳細を調べてみることが必要です。
もし、異常ではないかというほど安い場合は、工事費が安く、工事に手を抜かれてしまうことも考えられます。

たとえば、欠陥工事のいくつかの例をご紹介しましょう。
本当にひどい欠陥工事の場合は、屋根の上に太陽光パネルを設置したのに、まったく使えない状態ということも珍しくありません。
これは、どういうことかというと、モジュールを接続していないのです。

これが接続されていなければ、太陽光発電はできるわけがありません。

 要するに、太陽光パネルが、屋根の上にのっているだけ、という状態なのです。
業者によっては、接続のし忘れ、というところもあるようですが、明らかに欠陥工事になります。
それから、モジュールが落下してしまう、という欠陥工事もあります。
ようするに、太陽光パネルが落ちてきてしまうのです。怖いですよね。

 この場合、取り付けているボルトなどをしめ忘れていたり、あるいは、工事の際に、あまりにも無理な設置をしてしまったというようなことが原因になります。

一番多い欠陥工事と言われているのが、雨漏りです。設置の際屋根に穴を開けるのですが、コーキングがしっかりされていないとこういったケースが頻発します。
いずれにしても、問題点だらけの欠陥工事に違いはありません。
このような問題点を回避するには、やはり施工業者に対する情報収集がいかに大切であるかが分かります。
価格だけではなく、施工実績や工事内容の良し悪し、万が一欠陥工事をされた場合の保証についてなどしっかりとチェックして施工業者を選びましょう。