悪徳業者が増えてるってホント?

 太陽光発電に関して、悪徳業者が非常に増えているという事実をご存知でしょうか?
高額な商品である上に、最近普及しつつあり、エコの最先端をいっているというイメージから、業者は非常に増えました、しかし、悪徳業者も、同じように増えているのです。

 このあたり、やはり悪徳業者というのは実に先見の明を持っているものだと感心すらしてしまいます。
とりわけ、太陽光発電の訪問販売というものがあります。
太陽光発電でなくても、訪問販売というと、決していいイメージがないと思われる方もいるかもしれませんが、太陽光発電の訪問販売による悪徳業者というのが、どういうものなのか、ご紹介したいと思います。
ぜひ、悪徳業者にだまされずに、太陽光発電を導入して、エコライフを楽しんでいただきたいと思います。

 まず、太陽光発電の訪問販売は、一定地域を限定し、集中的に勧誘して、新築、高齢者、環境興味に興味を持っている方、自営業を自宅で営んでいる方、都会からの移住者などを重点的な対象者として、セールスマンが訪問するスタイルを取っているようです。
特に、高齢者宅を頻繁に訪れて購入を迫っているというケースも、聞きます。

また、大手の誰もが知っているメーカーの肩書きを利用して、安心感を与えるという方法で、セールスを始めるようです。
そして、一定地域限定で、とか、期間限定で特別セール中などと言い、今なら値引きがあるので、「今購入すると、おトクですよ」ということを、強調します。
そして、家の条件が道路に面していていいので、とか、宣伝になるのでなどといって、さらに特別値引きをしますというようなことを言うのです。

 もちろん、太陽光発電で電気料金がおトクになり、さらに、蓄熱ストーブや、温水器を付けると、さらに電気料金がおトクになりますというのもセールストークとして使われています。
そして、購入気配が見えたら、補助金申請枠があり今すぐに申し込まないと補助金がもらえないので、今日明日中に返事をするようにと説明し、あたかも補助金枠が一杯であるようなことを言います。
また、会社に電話を入れ、今ならすぐに間に合いますといって、契約をせまるのです。

 特に、注意しなくてはいけないのは、高齢者のいるお宅です。
狙いをつけた高齢者のお宅には、悪徳業者は頻繁に訪れ、在宅者がノイローゼになりそうになるまでしつこく訪れ、相手が根負けするまで訪問し、契約を迫るという非常に強硬な手段をとる悪徳業者もいます。

 そして、多くの悪徳業者は、補助金申請を肩代わりする代わりに、契約後すぐに設置工事にとりかかり、補助金申請の用紙が到着する前に工事を完了し、代金の支払を求めているのです。
また、契約時には、必ずローンを利用させる様にするようです。
どんなにローンが嫌だと言っても、ローンをすすめるのです。
このような悪徳業者が増えていますので、気をつけましょう。